トップ 寺のあらまし 境内 住職 納骨堂
住職の紹介
伊藤真昭 住職 / 伊藤真昭(いとう しんしょう)
〈僧侶歴〉
1967
1980
1986
1988
1990
2006
滋賀県生まれ
総本山知恩院にて得度
京都府立大学在学中に少僧都養成講座を受講
総本山知恩院にて伝宗伝戒
滋賀教区湖南組善勝寺住職拝命
滋賀教区甲賀組善隆寺住職拝命
〈専門分野〉 日本史・仏教史・浄土宗史・浄土学
〈学位〉 大阪大学博士(文学)
〈所属学会〉 日本史研究会
〈社会活動〉 伊賀市史編集委員 
愛知県史特別調査員
甲賀市史執筆委員
日野町史執筆委員 など
〈著書〉 『京都の寺社と豊臣政権』(法蔵館)
『近世の相国寺』(相国寺教化活動委員会)
〈論文〉 「近世浄土宗寺院における本末・寺檀関係と住職の異動」
「醍醐本法然上人伝記の伝来について」
「戦国・織豊期の天龍寺諸塔頭について」
「妙心寺の経済力と秀吉の戦争」
「中世浄土宗教団の特質―「祈祷」を手がかりにして―」
他多数
伊藤唯眞 前住職 / 伊藤唯眞(いとう ゆいしん)
1931
1963
1974
1981
1981
1989
1997
1999
2007
2010
滋賀県に生まれる
滋賀教区湖南組浄西寺住職拝命
佛教大学教授
滋賀教区甲賀組善隆寺住職拝命
文学博士(佛教大学) 学位取得
佛教大学学長(~平成5年3月)
京都文教短期大学学長
家政学園(現在京都文教学園) 学園長
大本山清浄華院法主就任
浄土門主(総本山知恩院門跡) 上任
〈著書〉 『法然の世紀』(浄土宗選書)
『伊藤唯眞著作集』4巻(法蔵館)
『日本人と民俗信仰』(法蔵館)その他多数
〈表彰〉 自著『浄土宗の成立と展開』で第13回浄土宗学術賞を受賞
大島理森文部大臣より文化財保護功労者表彰を受ける。